野菜の作り方 シシトウの作り方

シシトウの作り方
シシトウは、飲兵衛の私には、毎年欠かせない野菜です(笑)

あまり手がかかる事なく、たくさん収穫できます。

シシトウの仲間には、ピーマンやトウガラシなどがありますが、
作り方は、みんな同じです。

シシトウは連作がダメです。
ナス科の野菜もダメですので、気を付けて下さい。

一度シシトウを作った場所は、2〜3年間は別の野菜を作って下さい。

まず、植え付けの2週間前ぐらいに、苦土石灰をまいて、よく耕しておいて下さい。

植え付ける間隔は、45〜50センチぐらいで、穴を掘ります。
穴には、元肥を入れてください。

私は、堆肥と鶏フンを混ぜたものを使っています。

シシトウは生育期間が長いので、多めにたっぷり入れるのがポイントです。

シシトウは種から作るのは、とても難しいので、
苗を買ったほうが失敗がありません。

スポンサーリンク

シシトウの植付け

シシトウの植付けは、元肥をたっぷり入れた植付け穴に浅く植付けます。

シシトウ(ピーマンの仲間)は、根の張りが浅いので、倒れないように、支柱を立てます。
軽く縛ってください。

苗が小さいうちは、割り箸でもいいです。
シシトウの作り方
シシトウは枝がもろく、折れやすいので、最初は風避けがあるとベストですね。

植付けの後に、水をたっぷりやって下さい。
夏は、高温と乾燥に注意です。

こまめに水を与えて下さい。
高温や乾燥から守るために、ワラなんかを敷くといいです。

私は最初から、ビニールマルチにしてます。

シシトウの成長期

シシトウの生育状態を見ながら、支柱を大きなものにしていきます。

シシトウは、枝が折れやすいので、最終的には、3本の支柱で三叉にすれば、良いと思います。

その成長の過程の中で「整枝」をします。
一番花(一番最初に咲いた花)より下にある、2本の枝を残してそれより下のわき芽を摘み取ります。
シシトウの作り方
シシトウは生育期間が長いので、肥料切れにならないように、追肥します。

月に1回ぐらいは、鶏フンや液肥を与えて下さい。

どうしてもの場合・・・・
整枝はしなくてもいいです(爆)

そしてシシトウの小さな白い花が咲きます。
シシトウの作り方
この花が実になり、シシトウになるわけです。

シシトウの収穫

シシトウの白い花が、実になりました。
シシトウの作り方
育った実を状態を見ながら、順次収穫します。

この時、手でちぎらず、株を痛めないように、ハサミで切ってください。

ここまで来ると、シシトウは面白いくらい、バンバン実ができます。
ですので、シシトウの収穫は、ちょっと早いかな?
ぐらいが丁度いいです。

1株で、たくさんなりますので、若いうちに収穫します。
シシトウの作り方 シシトウの収穫
シシトウは、いろいろな食べ方がありますが、
飲兵衛の私には、網焼きが最高ですね!

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事


おすすめ記事