野菜の作り方 コマツナの作り方

コマツナの作り方

スポンサーリンク

コマツナは初心者におすすめの野菜

コマツナは、比較的作りやすい野菜で、連作もできるし、真冬以外なら、いつでも作れるというおすすめの野菜です。
もともとコマツナという名前は、徳川8代将軍徳川吉宗がつけたそうです。
鷹狩をしていた吉宗が、地元で採れた青菜入りの汁を飲んで、たいそう気に入った吉宗がその土地「小松川」から小松菜と名付けたそうですよ。

コマツナは、ミネラルとビタミンの宝庫と呼ばれます。
ビタミンAやビタミンCだけでなく、カルシウムや鉄分も豊富に含まれています。
よくホウレンソウと比べられますが、含有量はコマツナの方が勝っています。

さらにアクが少なく、調理しやすい野菜です。
栄養価だけではありません。
コマツナは初心者に作りやすいアブラナ科の野菜です。
連作障害もなく、どんな土でもよく育ちます。

菜園の空きスペースに種をまく程度でも十分育ちます。
また栽培期間も短く、夏場なら1ヶ月、冬でも2、3ヶ月で成長して食べられます。

コマツナの種まき

コマツナはタネから作ります。

コマツナの作り方 コマツナのタネ

かつてコマツナは、冬から春にかけての野菜でした。
しかし品種改良がすすみ、今では年中楽しめます(真冬の種まきだけはできません)。

ただし、春夏用の種と、秋冬用では種が違うので注意が必要です。
中でも、春まきは、トウが立ちやすく、夏まきは病害虫の被害にあいやすいので9月〜10月ぐらいの秋まきが特におすすめです。

種まきの2週間ほど前に苦土石灰。
1週間前ぐらいに堆肥と鶏ふんをまぜて、耕します。

種のまき方は、バラまきかスジまきです。
スジまきは、10センチ間隔ぐらいにミゾを付けてミゾに沿ってタネをまきます。

コマツナ タネまき

バラまきは、全体にまんべんなくまきます。
コマツナは、発芽率がとても良いので、あまり厚くならないように、注意して下さい。

1センチぐらい上から土をかけて、水を与えて・・・
5日ぐらいで発芽しますよ。

コマツナ 発芽

コマツナの中耕・除草

コマツナの草丈が大きくなるまでは、雑草との戦いです。
気付いた時に、こまめに棒や指で雑草をかきます。

コマツナの中耕・除草

こうする事で雑草除草はもちろんですが、中耕もできます。

追肥をするなら中耕の時に、このスジに肥料をまいてかいてください。
液肥がおすすめです。

コマツナの中耕・除草

この時期、成長を見て間引きもするのが基本ですが、私はコマツナの場合間引きはしません。
経験的にコマツナは、間引きしなくても大丈夫です。

このまま草丈が15センチぐらいになったコマツナから順次収穫します。

コマツナは害虫に注意!

そして、必ず害虫が登場(笑)しますから、注意です。
コマツナは病気よりも、害虫でやられる方が圧倒的に多いです。
特に肥料をやると虫がつきやすくなります。

農薬を使う方法も有効ですが、家庭菜園では虫は眼でみつけ駆除する方が安心です。私は農薬は使いません。

よほどダメージを受けてしまった葉は仕方ありませんが、少しだけなら切り取って食べれますよ。

コマツナは、大きさにより味が変わります。
成長途中でダメージを受けたものや間引きしたものは、ベビーリーフとしてサラダにすることもできますからね。

コマツナの収穫

コマツナの草丈が15〜20センチぐらいになったら、収穫です。
頃合いの良い株から、間引きの感覚で収穫します。

コマツナの作り方 コマツナの収穫

上の写真が収穫前、下が収穫後です。
このように間引き感覚で収穫すると、長い間収穫が楽しめます。

ホウレン草ほど根が深く伸びていませんので、そのまま垂直に引き抜いて、ハサミで根の部分をカットしましょう。

コマツナの作り方 コマツナの収穫

すべてを収穫せずに「トウ立菜」で食べてもいいですね。
この場合は、トウが立ったらポキポキ折って収穫します。

写真はコマツナの和え物です。美味しいです。

コマツナの作り方 コマツナの収穫

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事


おすすめ記事