野菜の作り方 トウモロコシ

トウモロコシの作り方
種まき2週間前くらいに苦土石灰をまいてよく耕します。
1週間前には元肥を入れて良く混ぜる。

写真のようにマルチをかけると雑草も生えないし、乾燥に強くなります。
なにより、僕のようなナマケモノにはピッタリです。

トウモロコシの苗も売っていますが、種から作るのをおすすめします。

低価格でたくさん作れますし、たくさんあるほうが受粉しやすくなるからです。(トウモロコシは自身の花粉ではなく、他の株からの花粉で受粉し、実をつけます)

種は一定の間隔をおいて一箇所に3.4粒ぐらいずつ2列以上でまきます。
品種は1種類だけにしてください。

違う品種で受粉してしまうと品質が悪いものになるからです。
トウモロコシ 作り方

スポンサーリンク

トウモロコシの間引きと土寄せ

発芽して草丈も15センチほどになったら、この時期にする事は「間引き」です。

一箇所につき数個タネをまいていますので、バラバラと芽が出てきます。
一番丈夫そうなのを残して切ってしまいます。

そして、一箇所に一本になるようにします。

とうもろこしは根が張っているので、抜かずにハサミで切ります。

トウモロコシの作り方 トウモロコシ 間引きと土寄せ
間引きをしたら土寄せもしましょう。

トウモロコシの場合、背が高くなりますので土寄せをすることによって、より倒れにくくなります。

マルチが邪魔であれば、もう取ってしまってもいいです。
ある程度大きくなれば、雑草に負けなくなりますので・・・

そして成長とともに根本から、わき芽も出てきますが、ナマケモノ家庭菜園者はコレは取りません。
トウモロコシの作り方 トウモロコシ 間引きと土寄せ
放置です(笑)
経験上、やらなくても問題ありません。

トウモロコシの成長期

トウモロコシは肥料切れに注意!

トウモロコシは、たくさん肥料を吸収します。
ですから、肥料切れにならないようにガンガン与えてください。

ココが美味しいトウモロコシを作るポイントです。
鶏フンが良いと思いますが、早め早めに与えたいので化学肥料でもかまいません。

トウモロコシの作り方 トウモロコシの成長期

左下の写真が「雄穂」です。
この雄穂の花粉が、右下の写真の「雌穂」に受粉するとトウモロコシなるワケです。

トウモロコシ 雄穂 雌穂

でも、受粉して出来た実をすべて収穫はしません。
だいたい1株につき、2本ぐらいまでにします。

一番上とその次ぐらいの実を残して、後の下の実は摘み取ります。

ちなみにこの摘み取った実も、天プラや煮つけ、から揚げにすると美味しいです!

ヤングコーン

トウモロコシの害虫対策

そしてこの時期重要なのが、害虫対策です。
トウモロコシの場合、病気よりも害虫に注意です。

外注対策には「雄穂」を切ってしまうのも手です。
トウモロコシの作り方 トウモロコシの成長期

害虫はトウモロコシの雄穂に吸い寄せられて来て、卵を産んで行きますので、この雄穂を切り取ってしまうのは効果があります。

受粉が確認できれば「雄穂」を切ってしまってもまったく問題ありません。
逆に実に養分を向かわせ、太らせる効果もあります。

おすすめです。

トウモロコシの収穫

トウモロコシは、収穫の時期がとてもわかりやすいので失敗がありません。
下の写真のように、実の上の毛が茶色、もしくは黒になったら収穫です。

このようになれば、実もギッシリついてますのでご安心を。
もし、実がスカスカの歯抜け状態なら、受粉が不完全だったのかもしれませんよ。

トウモロコシの収穫

自分で作ったトウモロコシは、美味いのはあたりまえですが、
より美味しく味わうには、収穫後6時間以内に食べてしまうのが、ベストです。

個人的には採れたてが一番美味いと思っているのが、トウモロコシなんです。
時間がたてばたつほどウマミが薄れます。

トウモロコシの収穫

アツアツの茹でたてをいただきました!
最近ナマで食べれるトウモロコシなんかも出てますが、
やっぱり甘さでは普通のトウモロコシが一番ですよ。

アドセンスレスポ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事


おすすめ記事