野菜の作り方 ネギの作り方

ネギの作り方
ネギは種からも作れますが、ナマケモノの僕としては、断然苗からです。
その方がラクですし、失敗がありません。

ネギは酸性の土を嫌いますので、植えつける1週間前ぐらいに必ず、苦土石灰をまいてよく耕してください。

スポンサーリンク

ネギ栽培の裏技

ココでネギ栽培のテクニックを・・・
ネギはユリ科の野菜で、ウリ科の野菜と相性がよいとされています。

ですから、キュウリなどの野菜の横で育てると土が活性化されます!
土のなかの微生物の種類が豊富になり、障害が少なくなるためです。

ネギを植えるならウリ科の野菜のそばで。

もうひとつ、裏技を・・・
20センチほどの乾燥したネギ苗が、麻紐でしばって園芸店に売られていることがあります。
これを買うなら、スーパーでネギを買った方がお得です。

ネギは生命力が強いので販売しているネギでも、根の付いたものであれば同じことができてしまうんです。

根から上7~8センチほど残し切り落とします。
根のついた下部を畑に植えると苗と同じように成長します。
すごいでしょ。

ネギの植付け

植え方ですが、植え溝を掘って、元肥(堆肥・鶏フンなど)を入れて、1本ずつ植えつけます。
直角に立てて植えつけようとしても、ネギ苗は長く柔らかいので倒れやすいので、下の写真のようにナナメに寝かすように植えつけるとラクですよ。
あとあとの作業もやりやすくなりますので、おすすめです。

ネギの作り方
植え付け後、乾燥しないように注意です。
心配なら、ネギ苗の根元にワラや刈草を敷いておくといいです。

ネギの土寄せ

ネギ苗の成長に合わせて土寄せをします。

簡単に言うと、ネギ苗を埋めていくようにするんです。

この土寄せによって、もともとナナメに寝かしながら植え付けていたネギが・・・

ネギの作り方 土寄せ前

だんだん根元が埋められて、直角に立っていきます。

ネギの作り方 土寄せ後

写真は1回目の土寄せの後です。

ネギ苗はどんどん上に伸びていき、その伸びた分を土寄せでまた埋めていくのです。

一度にたくさん土を寄せ過ぎると、枯れてしまうので注意です!

だいたい収穫までには、この土寄せを3〜4回は行います。
そしてそのつど、追肥します。

ネギは、生育期間が長いので、肥料切れを見逃さないのが栽培のコツです。

引き続き、乾燥に注意してください。

ネギの成長期

ネギもだいぶ大きくなってきました。
ネギの作り方
近寄って見ると(下の写真)よくわかります。

ネギの作り方
数回の土寄せと追肥のおかげです。

成長期にはネギ坊主に、気をつけて見つけたら、スグ手で取りましょう。

収穫のタイミングは、このネギの茎の下の方が白くなったら、掘り起こします。
収穫までもうすぐです。

ネギの収穫

さあ、いよいよ収穫です。
収穫のタイミングは、茎の下が真っ白になったらです。

うねの片側から、茎を痛めないように、掘り下げます。
緑の葉の部分を持って、引き抜く感じで収穫します。

この時、あまり無理に引っ張らないように、
キツければ、もう少し掘り下げてから再度挑戦して下さい。

収穫後は、土の付いたままでいいです。
新聞紙にくるむか、ヒモで縛って、立てて保存してください。

「立てて」がポイントですよ。
ネギの作り方 ネギの収穫

ネギはいろいろな食事に使えますから、重宝しますよね。

ちなみに、ネギの白い部分より、葉の緑の部分の方が、栄養があります。

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事


おすすめ記事