野菜の収穫を増やす中耕と土寄せ

野菜の収穫を増やす中耕と土寄せ
野菜の種類によっては、やるとやらないでは大きな収穫差がでる作業に「中耕」と「土寄せ」があります。


■ 中耕
種まき後や、苗を植えたときは柔らかかった畑の土も、雨などの気候の影響で段々固くなってきます。

そこで株のまわりや土の表面を軽く耕して、土を柔らかくして通気性をよくします。

野菜がまだ小さい頃は深めに、野菜が大きくなってきたら広く浅く中耕します。

根を痛めないように注意してください。


■ 土寄せ
中耕した土を株元に寄せることをいいます。

このときに必ず追肥もしてください。

土寄せすることによって、追肥の効果を上げたり、株元をしっかり支え倒れなくする、根を収穫する野菜は根やイモを露出させない、などの効果があります。

基本的に中耕・追肥・土寄せは一緒にやります。

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事


おすすめ記事