野菜の収穫を増やす中耕と土寄せのやり方

野菜の収穫を増やす中耕と土寄せのやり方

野菜の種類によっては、やるとやらないでは大きな収穫差が出る「中耕」と「土寄せ」という作業があります。

今回はこの中耕と土寄せについて説明します。

正しいやり方で収穫量を増やしましょう。

中耕をする理由とやり方

野菜の収穫を増やす中耕と土寄せ

種まき後や、苗を植えたときは柔らかかった畑の土も、雨などの気候の影響で段々固くなってきます。

こうなると土の通気性が悪くなって野菜の成長に悪影響を与えます。

これを解消するのが「中耕」です。

中耕によって、
株のまわりや土の表面を軽く耕して、土を柔らかくして通気性をよくします。
野菜の成長を促してくれます。


野菜がまだ小さい頃は深めに、野菜が大きくなってきたら広く浅く中耕します。

根を痛めないように注意してください。

土寄せをする理由とやり方

中耕した土を株元に寄せること「土寄せ」と言います。

土寄せすることによって、
・追肥の効果を上げる
・株元をしっかり支え倒れなくする
・根を収穫する野菜は根やイモを露出させない

などの効果があります。

追肥は土寄せの時にやると、追肥の効果をさらに上げることができます。


追肥についてくわしくはこちら。

野菜の肥料の与え方 追肥は何がおすすめ?
野菜の栽培では、肥料のやり方次第で野菜の成長が大きく変わります。 今回は肥料の中でも「追肥」について説明します。 この追...


基本的に中耕・追肥・土寄せは一緒にやります。

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事