野菜の作り方 苦土石灰とは

野菜の作り方 苦土石灰とは

野菜の栽培をするときに、その畑の土はとても重要なポイントになります。

今回はこの土作りに役に立つ「苦土石灰」について解説します。

苦土石灰の効果と与え方

苦土石灰の効果と与え方

野菜つくり=土つくり
と言われるほど畑の土つくりは重要です。

その要素のひとつに土の酸性度というのがあります。


野菜の多くは弱酸性の土を好むんですが
日本の土は雨のせいで、たいていが酸性になっているんですね。

この酸性を中和させるために「苦土石灰」をまきます。


どこのホームセンターでも必ず置いてあります。

同じ効果で「消石灰」というものもあるのですが、私は使いやすい「苦土石灰」をすすめます。

基本的に苦土石灰は使うべきなのですが、
野菜の種類によっても、
酸性に弱いもの(必ず苦土石灰が必要)
酸性に強いもの(苦土石灰は不要)

がありますので、下記にあげておきます。

苦土石灰の配布量の目安として調節してください。

■ 苦土石灰が必要(酸性に弱い)野菜
ほうれんそう・タマネギ・枝豆・エンドウ・ネギ・インゲンなど

■ 苦土石灰は特にいらない(酸性に強い)野菜
じゃがいも・さつまいも・スイカ・かぼちゃなど

参考にしてください。

この「酸性度」を計るアイテムもありますよ。

畑の土壌の酸性度を計るには?土の状態を管理するアイテム!
土作りにハマりだすと、もうきりがありません(笑) 畑の土は、たえず変化していくので、ゴールがないのです。 そんな凝り性のあな...

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事