輪作(相性の良い野菜)の組み合わせは?病害虫も減らせます!

輪作(相性の良い野菜)の組み合わせ

野菜には「連作障害」という野菜同士の悪い相性の関係があります。
が、逆に相性の良い野菜もあるんです。

今回はこの良い組み合わせ「輪作」についてお話します。

ここを理解すると、毎年おいしい野菜が作れるよになりますよ!

輪作とは?

連作障害を防ぐ対策 輪作とは

野菜には「連作障害」という野菜同士の悪い相性の関係があります。

家庭菜園でもおこる連作障害!悪い組み合わせと防止対策方法はこれ!
家庭菜園で野菜を作っていて何年か経つと、特に理由もなくうまく育たなくなる事があります。 もしかしたら「連作障害」かもしれません...

が、逆に相性の良い野菜もあるんです。


この野菜同志の組み合わせで輪作(続けて野菜を作ること)すれば、連作障害は防げますし、畑の土にも良い影響を与えます。

栽培する作物を周期的に変えることで土壌の栄養バランスが取れ、収穫量・品質が向上する。
これにより、連作での病原体・害虫などによる収穫量・品質の低下の問題を防ぐことが出来る。
1サイクルは通常5年ほどだが、10年近い場合もある。

病害虫も減らせますので、まさに一石二鳥なのです!


なぜ良い影響が出るのかは、たいへん深く専門的なお話になるので、そんな理由よりも下記の良い組み合わせだけ覚えておいて下さい(笑)

・ ナス科の野菜の後 ⇒ アブラナ科・ウリ科・イネ科の野菜
・ アブラナ科の野菜の後 ⇒ ユリ科・マメ科の野菜
・ ウリ科の野菜の後 ⇒ イネ科・ユリ科の野菜

野菜の科分類

基本的には、同じ科の野菜は続けて植えません。
悪影響がでるからです。

アブラナ科   コマツナ・キャベツ・ブロッコリー・ハクサイ・大根・カブ
ナス科   トマト・ナス・ピーマン・じゃがいも
ウリ科   キュウリ・スイカ・かぼちゃ
マメ科   エダマメ・インゲン・エンドウ
ユリ科  ネギ・タマネギ
セリ科   にんじん
キク科  レタス
イネ科   トウモロコシ
バラ科  イチゴ
アカザ科  ほうれんそう
ヒルガオ科   サツマイモ

これを覚えておくと、野菜を収穫した後に、次はなんの野菜を植えればいいか判断できます。

例えば、ジャガイモを収穫した後には、
アブラナ科・ウリ科・イネ科の野菜を植えれば良い事になりますね。


連作障害を管理するには畑地図を作ると便利です。

効率よく野菜を作るには畑の管理しよう!畑地図のすすめ!
何年か野菜つくりをしていると「連作障害」が起こります。 また野菜同士にも相性があって、植える場所をうまく使うことでより美味しい...

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事