野菜の作り方 有機肥料と化学肥料どちらがいいの?どう使い分けるの?

野菜の作り方 有機肥料と化学肥料の使い分け

有機肥料と化学肥料、どっちがいいの?
どう使い分けるの?

そんな質問をよく頂きます。

今回はこのあたりの肥料についてのお話をします。

有機肥料と化学肥料、どっちがいいの?

野菜の作り方 有機肥料と化学肥料の使い分け

「化学肥料」とか聞くと、なんとなく嫌悪感を抱く方もいると思います。
が最近の化学肥料はとても優秀ですし、人間に害はありません。

結局、無農薬がいいとか化学肥料はダメとかは、作る人のこだわりですね。

実際、私は有機肥料も化学肥料も両方使っています。


有機肥料と化学肥料の使い分けは、こう考えるとわかりやすいです。

人間で言えば、
有機肥料は「普段の食事」です。
じんわり効きます。

化学肥料は「サプリメント」のような役割でしょうか。
足りない分を補う即効性があります。


化学肥料だから味が落ちたなんてことはありません。

むしろ管理しやすく、出来るだけ苦労しないように、なんでも使ったほうがいいと思っています。

そう、両方のいいトコどりです。


ただ、個人的な考えですが農薬だけは使いません!

農家の人が農薬をまく時の恰好って知ってます?

頭から覆面?かぶって、まるで宇宙服のよう・・・完全防備です。

そうです。農薬は人間にも悪いからです・・・


ただ、ひとつだけ言える事はどんな方法であれ

「自分が作った野菜は最高に美味しい!」ということです。

私達はプロではありません。楽しみながら作りましょう!

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事