家庭菜園でもおこる連作障害!悪い組み合わせと防止対策方法はこれ!

家庭菜園でもおこる連作障害

家庭菜園で野菜を作っていて何年か経つと、特に理由もなくうまく育たなくなる事があります。

もしかしたら「連作障害」かもしれません。

この連作障害を防ぐための対策方法をお話しします。

連作障害の防止対策方法

連作障害の防止対策方法

同じ畑に同じ種類の野菜を作り続けることを「連作」といいますが、連作をしていると土の中に害虫や病気が出て、よい野菜ができなくなります。

これを防ぐには、

栽培する野菜の種類(科)を変えるか、違う畑の場所で栽培することです。

プランター栽培ならプランターの土を変えてください。


また、少々値がはりますが「接木苗」から育てると連作障害がでません。

プランター栽培の方は、特におすすめします。

連作障害と野菜の種類

基本的に同じ科に属する野菜は、続けて栽培しないようにします。

アブラナ科   コマツナ・キャベツ・ブロッコリー・ハクサイ・大根・カブ
ナス科   トマト・ナス・ピーマン・じゃがいも
ウリ科   キュウリ・スイカ・かぼちゃ
マメ科   エダマメ・インゲン・エンドウ
ユリ科  ネギ・タマネギ
セリ科   にんじん
キク科  レタス
イネ科   トウモロコシ
バラ科  イチゴ
アカザ科  ほうれんそう
ヒルガオ科   サツマイモ

例えば、
トマトの後には、同じナス科のじゃがいもは植えない方がいいわけです。

連作障害がおきやすい野菜、起きにくい野菜

野菜によっても連作障害が出やすいもの、出にくいものがあります。

■ 連作障害がでにくい野菜
コマツナ・大根・かぼちゃ・にんじん・サツマイモなど


■ 1年は休ませたほうがいい野菜
そら豆・キャベツ・レタス・春菊・カブなど


■ 2年は休ませたほうがいい野菜
はくさい・いちご・じゃがいも・ネギなど


■ 3年は休ませたほうがいい野菜
トマト・きゅうり・ピーマン・さといも・ゴボウなど


■ 5年は休ませたほうがいい野菜
えんどう・ナス・スイカなど

最近、どうもうまく育たない。と思ったら、まず連作障害を疑ってみましょう。


連作障害対策に、畑を管理しやすくする「畑の地図」を作るのもおすすめですよ。

効率よく野菜を作るには畑の管理しよう!畑地図のすすめ!
何年か野菜つくりをしていると「連作障害」が起こります。 また野菜同士にも相性があって、植える場所をうまく使うことでより美味しい...

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事