畑地図のすすめ

畑地図のすすめ

何年か野菜作りをしていると「連作障害」が出るとお話しましたが、連作障害の防止には、「畑の地図」を作ることをおすすめします。

地図といっても、難しいモノじゃありません。

その年、畑に植えた野菜の種類と場所を図にして記録しておきます。

植えた月日も書いておきましょう。


野菜によっては、連作障害が出ないようにする為に、数年間も畑を休ませたほうがいいコトがあります。

毎年記録しておくと、その場所が把握できて、とても役に立ちます。

計画的に畑を回せると、失敗が少なく、効率よく野菜が作れますよ。
狭い畑なら、なおさらです。


よくよく考えて野菜を植えないと、空いている場所に植えれる野菜がなくなってしまいます。
「あっこの場所、今年ジャガイモだめじゃん」とかね・・・


観察日記のようなモノを付けていらっしゃる方もいますが、ナマケモノの私はそこまではやりません。

最低限、植えた場所と、植えた日付があれば、いいでしょう。

ちなみに相性の良い野菜の組み合わせもあります。

アドセンスレスポ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事


おすすめ記事