野菜の作り方 オクラの栽培方法

オクラの作り方栽培

オクラの栽培、作り方を紹介します。

できるだけ簡単に手間なくおいしいオクラを作る方法です。

オクラの栽培 オクラの種まき

まずオクラは連作がダメなので、作る場所に注意してください。

去年作った場所には、作れませんし、
今年作った場所にも、来年は作れませんので・・・


それからオクラは高温を好みますので、
気温が高くなったら作り始めるのが、成功のコツです。


オクラは苗からよりも、種から作るのをおすすめします。

野菜の作り方 オクラの種


種まきの2週間ぐらい前に、苦土石灰をまいて耕しておきます。

野菜の作り方 苦土石灰とは
野菜の栽培をするときに、その畑の土はとても重要なポイントになります。 今回はこの土作りに役に立つ「苦土石灰」について解説します...


種まき1週間前に堆肥、鶏フンをまいてよく混ぜます。

種まきは40センチぐらいの間隔で、一箇所に3,4粒まいて下さい。

あまり土をかけ過ぎずに(2センチぐらい)水をたっぷりあげましょう。

1週間ぐらいで発芽しますよ。

オクラの栽培 オクラの間引きと土寄せ

オクラの作り方

伸びてきたら、倒れないように支柱で支えてあげましょう。
支柱は成長に合わせて、大きくして下さい。

オクラの作り方 間引きと土寄せ

オクラが発芽してから、様子を見ながら間引きをします。
1.本葉が2枚のとき
2.本葉が4〜5枚のとき
一番イキのいいヤツ?を残していってください。

そして最終的には一箇所一本立てにします。


この間引きのつど、液肥などを与え、土寄せをします。
が、経験的にオクラは土寄せはしなくても、なんとかなります。
(ナマケモノです。笑)

オクラの栽培 オクラの成長期のポイント

この時期のポイントは、

・ 小さいうちは乾燥に弱いので、水やりをこまめに
・ 風などで折れないように、支柱をしっかりと

 

オクラは始めは生育が遅く、なかなか大きくなりませんが、ご心配なく。

気温の上昇とともにグングン大きくなります。

オクラの作り方 間引きと土寄せ

こんな感じになります。

まだまだ背が高くなりますよ。

オクラの栽培 オクラの成長期 追肥

オクラは生育期間が長いので、
肥料切れにならないように気を付けて下さい。

月に一回は、必ず追肥をします。

鶏フンか液肥を与えて下さい。

野菜の肥料の与え方 追肥は何がおすすめ?
野菜の栽培では、肥料のやり方次第で野菜の成長が大きく変わります。 今回は肥料の中でも「追肥」について説明します。 この追...


すると、つぼみが出来て

オクラの花

こんな花が咲きます。

オクラの花

そして、この花が実になるワケです。

オクラの作り方

こんな感じですね。
もうすぐ収穫です。

オクラの栽培 オクラの収穫

オクラの収穫です。

実の大きさが10センチぐらいになったら収穫なのですが、
収穫の時に重要なポイントがあります。

オクラと一緒に、そこから出ている葉も切り落とします。

オクラの収穫

上の写真で言うと、1のオクラを収穫する時に、2の葉も切り落とします。

こんな感じになります。

オクラの収穫

役目の終えた?葉も収穫と同時に切り落とす事によって、
栄養がもっと上に行くように(次の実に行くように)するためです。


実が大きくなりすぎると、堅くて美味しくないので、早めに収穫しましょう。

オクラの収穫

オクラのネバネバは夏のスタミナに最高ですよ!

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
おすすめ記事


おすすめ記事