野菜の作り方 ナスの作り方

ナスの作り方

スポンサーリンク

ナスの植付け

ナスは苗から作ります。
連作はナス科のものは2〜3年ダメなので気をつけてください。

接木苗なら、連作も出来て病害虫にも強いです。
(ちょっと値段が高いけど・・・)

畑は日のよく当たる場所で、植えつける2週間ぐらい前に苦土石灰をまいてよく耕します。

後々、手がかからないようにビニールマルチをかけましょう。

50センチぐらいの間隔で穴を掘り、元肥を入れて苗を植えつけます。
元肥は堆肥と鶏フンでいいです。

浅めに植えつけて、しっかり根づくまで水をやります。
支柱は一本たてて、軽く縛っておきます。

ナスの作り方
後は苗の成長に合わせて支柱に縛る位置を変えていきます。

一番花が咲くまでは、しばらくはこの作業だけでOKです。

ナスの整枝と成長期

ナスが写真ぐらいに育ってきたら「整枝」をします。
ナスの作り方 整枝
一番花(最初に咲く花)のすぐ下のわき芽を全部摘み取ります。

ようするに下枝を取っちゃうの。
すっきりするでしょ・・・・・

でも経験的にこの作業、やらなくても大丈夫(爆)
ちゃんとナスはできますよ。

ナマケモノ菜園家としては、なるべく楽したいのでコレはパス。

ただこの時期気をつけるのは、側枝がたくさん出てきますので支柱を増やしたほうがいいかもしれません。
一本ある支柱に、新たに二本クロスさせて(×のように)増やします。

あと乾燥に弱いので水やりに注意です。
(ビニールマルチをかけておけばこの心配も半減です)

じきこんな花が咲きます。
ナスの作り方 ナスの花
花が咲けば・・・そう、後は実がなります!

ナスの収穫ポイント

ナスの花が咲き、実がついてきます。
そして収穫となるのですが・・・

ナスの場合収穫の際にちょっとしたポイントがあります。
最初は「まだ小さいかな?」 くらいで収穫します。

ナスの作り方 ナスの収穫
最初から実を大きくしてしまうと、株の勢いが弱くなってしまうからです。

ナスは上手にやれば、秋まで長く収穫できる野菜です。
その為にも最初のうちは、早め早めに収穫して疲れさせないようにします。

この時期がすぎたら、適正?な大きさで収穫します。


ナスを収穫する際は、実を根本から切らずに、少し枝を残して切ると、実の水分が抜けにくく、美味しさが持続します。

ナスの作り方 ナスの収穫

アドセンスレスポ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事


おすすめ記事