野菜の作り方 水やりのポイント

野菜の作り方 水やりのポイント

家庭菜園を長年やっている方でも「水やり」に関しては、わりと無頓着な人が多いですね(笑)

ただ水をあげればイイというわけではなく、やはり気をつけるべきポイントがあります。基本的に水やりをするのは、

・ 種まきや苗の植え付けのとき(発芽するまでは特に乾燥に注意)

・ 土の表面が白っぽく乾燥しているとき

・ 全体的に元気がないとき  などです。


気がつけば水やりをする人がいますが、与えすぎは逆効果です。

特にプランター栽培では水のやり過ぎは注意してください。
根が腐る原因になります。


その他のポイントとして
■ 夏の水やりは暑い日中を避ける

■ 野菜は夜に生長するので、夕方に水やりがベスト

■ 実を収穫する野菜や背の高くなる野菜は、根元に水やりする

■ 葉物野菜は水を上(葉)にかけてもよい

■ つぼみが出始めたら、生育が盛んになるので、多めに与える

などがあげられます。


あまり水やりに行けない人は、マルチをかけたり、地面にワラや狩り草を敷くと乾燥を防げますよ。

アドセンスレスポ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事


おすすめ記事